ペンギンとパンダ後の流れと雑感メモ・・・今日大分戻りました - 旧 ii IDEA アイアイアイディア

Home > SEO >
ペンギンとパンダ後の流れと雑感メモ・・・今日大分戻りました

ペンギンとパンダ後の流れと雑感メモ・・・今日大分戻りました

  • 2012年11月22日 19:41
  • SEO
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
  • この記事をはてなブックマークに登録 この記事のはてなブックマーク数

ペンギン後にぶっ飛んだサイトが今日複数帰ってきたので、流れややった事、考えたことなどをメモしておきます。

変動は大体こんな感じ
1位→30位→300位→圏外→5~20位くらい(今ココ)

以前、低品質なバックリンクをコツコツ頑張っていたサイトがありまして、ペンギン前まで1位でした。(ペンギンまで調子が良かったものに関しては、良かったこともあるのでそう割り切っています。)

ペンギンの時点(2012年4月くらい)でちょっと落ちたのと、相当落ちたのがありました。

相当落ちたものの中には大昔に作って、やり直すことすら無理そうなサイトもあり、それは実質上捨てました。

それ以外のはリカバリを考えました。

 

さて、リカバリ。

変動なんていつものことです。

しかし、今回から方針を大きく転換しようと思ってばっさりリンクを切りました。

すべてリンクではなく、質の悪いと思われる自作自演リンクを全カットしてみました。

また、HTML手打ちのサイトを一部MTに移したり、URLの移動や統合をした物もあります。

 

自作自演リンクを切ると順位が下がる

リンクを切ると順位は落ちるのが普通です。

悪いリンクを切ったのだからすぐ上がるだろうと思う人もいて、焦ってリンクを切る人もいたのではないだろうかと思います。

ですが、そんなことはなくてリンクのパワーが無くなるのですから、かなり順位が落ちます。

 

SEO屋さんでグレーなリンク作っていた会社は、リカバリをする際は、ゴミのリンクを活きたリンクに変えるというリカバリをするのが王道のようです。

ですから、リンク元のページコンテンツを充実させたりして回復した人もいるようです。また、新しく良いページを作ってリンクを足す方法です。

良いリンクがかなり増えれば、悪いリンクが薄まります。検索エンジンは割合も見ているので、そうなりますね。

悪いリンクを切るのが得策では無いとの考えはどこから来ているのかというと、どれが悪いリンクなのかハッキリ分からない事が多いという事情があるかと思います。

リンクは切らず、nofollowを上手く使うという手もあるそうです。

 

でもリンクを切ってみた

そういう事情があるわけですが、私は思い切ってリンクを大幅に切りってみました。

今新しく作っている物もたくさんあるので、ダメなリンクを切る方が良いリンクの割合を濃くしやすいと思います。その方が利益があるかと思ったのです。(あくまで、自分にとっては)業者みたいにお金もないし、ゴミリンクのあるページを直すのは無理でした。上げたいサイトは直しますが。

ランキングの上下に一喜一憂すると疲れますし、そろそろ検索エンジンの性能も上がってきたので堅実な運営に変えようと思ったんですよね。

ゴミのリンクは効いてはいたのですが、多分1本のリンクの効果は大してないと思いますし、ゴミのリンクはいつでも誰でも作る事が可能ですから大して価値はないですし。

 

また、自分でイマイチ分かってないSEOの実験的な意味もありました。リンク切ったらどうなるのか、下がった後どうなるのか?みたいな。

殆ど素人なので、やっていることは人づてに聞いて自分で試したことばかりだし、良くないことにあまり考えずメチャクチャやってましたから、しっかりしたデーターがないんですよね。

 

試しにやったらふっとんだ

試しに出来る限り全部グレーリンク切ったら、当然の如くサイトが吹っ飛びまくりでした。

順位は下がるかもしれないと分かっていたけど、実際に下がるとかなり嫌な物です。

しかも下がった後、微動だにしないので、ものすごく嫌な感じでしたね。

グレーやめた後、「えっ!?私のサイト、素の実力がそんなに低いの!?」とも思いました。(そうかもしれないけど、ハッキリわからないのが嫌)

 

SEOのことはデータも無いし考えても分かりません、内容が悪いのかも分かりませんので、それが嫌なんですよね。

「苦しいのに病名が分からないから治療できない」みたいな感じですよ。

考えてもどうせ妄想にしかならない、間違った自己判断で焦ってメチャクチャにやったらドツボにはまることだけは理解してました。

もう!どうすればいいんだー!という心境です。

 

それで、今までのSEO脳もあり、またグレーやった方が良いのか?とちょっと揺れたりもしましたが、

結局新しいサイト作ったり、いままでのサイトを直すので時間が無くなってしまうのでグレーなことはやりませんでした。

最終的に、1年放置して戻らなかったら捨てようかなと思って諦めてしまいました。

 

手探りでやったリカバリ

リカバリとはいってもよく分からないので手探りです。やったことがないので自信もありません、適当です。一応やってみるという感じです。

SEOもサイト運営でもそうですが、やらないと全く手応えが無いです。論文読んだり専門家の意見とか聞いても分かることなんてありません。

 

やったことは、サイトの手直し、テンプレートのエラー修正。記事の追加、画像などデザインとサイト装飾の追加です。

低品質なページからのリンクはばっさりカットしたら、リンクは殆ど触らずちょっとだけ関連サイトに自作自演リンクを貼ったくらい。

canonical・handheldなどを設置して正規ページを検索エンジンに教えるようにしました。

また、リンクの羅列のようなサイトマップやカテゴリのまとめページ、運営者情報などのページにnoindex・followをメタタグで設置して低品質コンテンツを少なくする工夫をしてみました。

やった事は殆ど自分のサイト内部のことで、外部リンクに関してはぶっちゃけどうしていいか分かりませんでしたので、ほぼ何もやってません。

その後は放置です。新規サイトなどを作っていました。

 

やっとちょっと上がってきた

その後、全然戻ってこないし正直リカバリも方針転換も失敗だったかな?と思っていました。

ところが、長い間グレーをやっていなかったからか、7ヶ月後になってやっと上がって来ました。

リカバリが効いたのか、なぜペナルティーが解除されたのかもハッキリしません。

 

普通に50位~100位くらい上がってます。

ずっとキープ出来るのかは知りませんし、同じような状態になっている人がいるかも知りませんが、どうなんだろう?

リンクがほぼ0ですので、ペンギン前のように上位表示されているわけではありませんが、そこそこのランクに戻っています。

しかもペンギンのアップデートではなくパンダアップデートのタイミングで戻った様な感じもするし、やっぱりSEOはよくわかりませんね。

 

明日200位に落ちても何の不思議もないので、今のところは何とも言えません。

でも、サイトの内容だけでこのくらいのランクというのが分かれば、今後の運営の方針が明確になりますからありがたいです。

 

中古ドメインで上がったサイトと上がらないサイト

中古ドメインで1枚目から転落したサイトで、上がったのと上がらないのがあります。

これはウェブマスターツールでバックリンクを見てみて、なんとなくリンク偏って付いていたりするとペナルティーのままなのかな?と推測しました。

 

元々前の持ち主が付けたリンクなので、変なリンクが多い場合は諦めなくてはならないかもしれません。(少なければ新しくリンクを増やす方法もある)

ドメイン更新期限が来ても上がらない手持ちの中古ドメインに関しては、ドメインを新規ドメインに変えて301転送せず保持してみようと思っています。

リンクの否認ツールも考えたのですが、そこまで構いたくないのでやめることにしました。アフィリエイトサイトですからね。

最終的にどうにもならなかったらバックリンクにでもします。

 

SEOは施策して待つ忍耐が必要

私が自分のサイトのリカバリが遅かったのは、どこをどう直すか分からず直す部分探しに時間が掛かったことや、全く見当違いの考えで直していたからかもしれません。

グレーリンクが切れるまで時間が掛かったのかもしれないし、リンクが一度に切れたので怪しまれたのかもしれません。

またはGoolgeが長い間また変なことをやらないか見張っていたからかもしれません。

ブラックボックスなのでよく分かりません。

 

SEOは自分で良いと思うように直したら、忍耐強く待たないといけないんだということだけは分かりました。

ものによっては、半年以上~1年は我慢して待つということですね。(待ってみてですが、嫌でしたね^^;)

 

邪推と疑り

変なサイトも上位に残っています。また、ブラックのSEOがペンギン後上位にいました。(クローキングなどのブラックもいた)。検索エンジンは完璧じゃないからなのか、それともわざとやってるのか???

SEOで検索すると流石にブラックな方法は上位にはこないけど、グレーっぽいことを言っている(未熟な人が読んだら誤解してブラックになりそうなこと)サイトが1枚目にいたりすることもある。わざとなのか???

実際Googleは黒いリンクリストは公開しないことにしているし、警察の捜査のようにグレーを泳がせたり、おとりなども用意されているのではないか???

今までグレー戦法をとっててやめた様に見える場合は、また黒い方にいったらすぐに処分したり、本当にやり方を変えたか見るため、わざとすぐには上げず長い期間ペナルティーを与えて観察するのか???

グレーなSEOが載っているサイトをインデックスしている理由は???

同じウェブマスターが同じようなグレーなSEOをやっているサイトでランキングの結果が違うのは、内容とドメインパワー以外の理由はあるか???

罠に掛かったものを後で一掃することはあるのだろうか???

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録


レビュー記事


Amphis MT737C2D


BenQ FP241VW
人気の記事

ページの先頭へ戻る