MTにnoindex,followのメタタグを設置、MTif(条件分岐)で出したいページと出したくないページを振り分ける - 旧 ii IDEA アイアイアイディア

Home > MovableType >
MTにnoindex,followのメタタグを設置、MTif(条件分岐)で出したいページと出したくないページを振り分ける

MTにnoindex,followのメタタグを設置、MTif(条件分岐)で出したいページと出したくないページを振り分ける

  • 2012年11月14日 17:51
  • MovableType
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
  • この記事をはてなブックマークに登録 この記事のはてなブックマーク数

MTに<meta name="robots" content="noindex,follow">を入れました。

私のテンプレートはコンテンツ型のサイトと更新用のブログのテンプレートがあり、どちらもリンクが並んでしまうようなページや重要でないページにメタロボットタグを入れました。

具体的には、コンテンツ型(そんなに更新しないテーマサイト)の親カテゴリ・サイトマップ、更新用サイト(ブログ)のカテゴリページ・月別アーカイブページ、両方にある運営者情報などのページ・エラーページに設置しました。

MTの条件分岐によってメタタグを表示するかしないかを振り分けます。

最近のアップデートではリストのようにリンクが出るページにコンテンツが入っていないと評価が低くなってしまう様ですから、注意が必要ですね。

人間用のHTMLサイトマップやカテゴリリストなどは大体が該当します。ブログならアーカイブなども該当。

中の人もそういっているらしいので、やっておいた方がいいかと思います。

Matt Cutts(マット・カッツ)氏が言った事がまとまっています

noindex,followは「インデックスはしないでほしい、リンク先はたどってほしい」という意味です。これで低品質ページはインデックスされなくなり安心というわけですね。

MTのテンプレートを改造して、リンクのリストになるページのヘッダーにmetaタグでnoindex,followを設置します。ロボットテキストを自動的に生成させることも可能でしたが、ロボットテキストは失敗すると怖いらしいのでやめました。

まだ一部サイトしか直していませんが、すべてのサイト(死んでないやつ)で変更していく予定。このまだブログはやってません。

◆やり方

1.MTインクルードモジュールを作る(名前は任意)

ここでは「noindex-follow」というタイトルにします。中身は以下を書きます。

<mt:If name="main_index"><mt:ElseIf name="privacypolicy"><meta name="robots" content="noindex,follow"><mt:ElseIf name="uneisha"><meta name="robots" content="noindex,follow"><mt:ElseIf name="sitemap"><meta name="robots" content="noindex,follow"><mt:ElseIf name="entry_archive"><mt:ElseIf name="category_archive"><MTHasNoParentCategory><meta name="robots" content="noindex,follow"></MTHasNoParentCategory><MTHasParentCategory><meta name="robots" content="noindex,follow"></MTHasParentCategory><mt:ElseIf name="datebased_only_archive"><meta name="robots" content="noindex,follow"><mt:ElseIf name="page_archive"><mt:ElseIf name="system_template"><meta name="robots" content="noindex,follow"><mt:ElseIf name="404"><meta name="robots" content="noindex,follow"><mt:ElseIf name="403"><meta name="robots" content="noindex,follow"><mt:ElseIf name="500"><meta name="robots" content="noindex,follow"><MTElse></mt:If>

2.ヘッダー部分にあるmetaタグエリアにMTインクルードモジュールを設置

例)<$mt:Include module="noindex-follow"$>

3.再構築

これで、

プライバシーポリシー・運営者情報・サイトマップ・カテゴリーアーカイブ(親・子カテゴリ両方)・月別アーカイブ・404、403、500エラーページに<meta name="robots" content="noindex,follow">が入ります。

メインや記事ページには入りません。

◆MTタグの解説

noindexタグを表示したくないときは、mt:Ifや mt:ElseIfの後に何も書きません。

表示したいときはmt:Ifや mt:ElseIfの後に<meta name="robots" content="noindex,follow">を記入します。

<mt:If name="main_index">もし名前がmain_indexだったら空表示。

<mt:ElseIf name="privacypolicy">また、もしprivacypolicyなら<meta name="robots" content="noindex,follow">を表示

こんな感じです。

name=""に入っているのはテンプレートの名前ですので、人によって違います。自分で作ったものに関しては各テンプレートの編集画面に行き、下の方にあるテンプレートの設定を開いて、テンプレートの種類を確認してください。

●カテゴリ

<mt:ElseIf name="category_archive"><MTHasNoParentCategory>(親カテゴリに設置はここ)</MTHasNoParentCategory><MTHasParentCategory>(子カテゴリに設置はここ)</MTHasParentCategory>

●月別アーカイブなど

<mt:ElseIf name="datebased_only_archive">(ここに書く)

●最後の部分

<MTElse></mt:If>

<MTElse>以下が空ですので、今まで書いてきた以外のページがある場合すべて表示しないという意味です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録


レビュー記事


Amphis MT737C2D


BenQ FP241VW
人気の記事

ページの先頭へ戻る