MovableType4.1からMTOS4.2にアップグレードした - 旧 ii IDEA アイアイアイディア

Home > MovableType >
MovableType4.1からMTOS4.2にアップグレードした

MovableType4.1からMTOS4.2にアップグレードした

  • 2008年8月17日 23:28
  • MovableType
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
  • この記事をはてなブックマークに登録 この記事のはてなブックマーク数

アップグレード

MT4.2が出てからしばらく経ちますが、面倒くさいのでそのままにしていました。けど、ついにMT4.2にアップグレード。ついでにMTOSにしてみました。

ほとんど小粋空間さんの通りにやってすんなり出来ました。

1. もしもの事があるといけないので、サーバーからMTディレクトリを丸ごとダウンロードしてバックアップしました。

2. mt.cgi などが入っている旧MTディレクトリである「アプリケーションディレクトリ」をリネーム(別の名前にする)しました。

3. mtos4.2をFFFTPでアップロードします。

4. MovableType4.1(旧MT)の

アプリケーションディレクトリ/plugins/
アプリケーションディレクトリ/mt-static/plugins/
アプリケーションディレクトリ/mt-config.cgi

をアップロードしたMTOS4.2の各ファイルに上書きしました。

※「Widget Manager 」と「Template Refresh」はコア機能に統合されたので入れないでください。
「Template Refresh」はMovableType4.1から始めた人には入ってないそうです。

5. MovableType4.1(旧MT)のSQLiteのデータベースをコピーしました。 私はSQLiteを使っているので。
(MTOS4.2にベーターベースフォルダ(db)を作ってそこに旧MTの「mt.db」をアップロード)

6. ブラウザから mt.cgi にアクセスしアップグレードを開始。

7. 管理画面にアクセス出来たら成功です。先ほどリネームした旧MT4.1ディレクトリを削除します。


結構簡単でした。

スタイルシート適応のため再構築したら、MT4.1より軽くてよかったです!503エラーがでなかったのが嬉しい。もっと早くやればよかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録


レビュー記事


Amphis MT737C2D


BenQ FP241VW
人気の記事

ページの先頭へ戻る