母の日2008年のプレゼントは『ムーンダスト』に決めました - 旧 ii IDEA アイアイアイディア

Home > お買い物 >
母の日2008年のプレゼントは『ムーンダスト』に決めました

母の日2008年のプレゼントは『ムーンダスト』に決めました

  • 2008年4月29日 15:06
  • お買い物
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 1
  • この記事をはてなブックマークに登録 この記事のはてなブックマーク数

母の日のプレゼントを決めました。青いカーネーション「ムーンダスト」です。これならきっと喜んでくれると思います。

2008年の母の日のプレゼントは、ムーンダストに決めました。

紫色(青色)の珍しいカーネーションです。去年はオレンジ色のカーネーションを贈ったのですが、今年は珍しい物をということでインパクトのある紫にしてみました。私が肉眼で見てみたいなと思ったのもあります。(笑)

ムーンダストは変な色ではなく、上品な青紫っぽい色です。 年配の女性から若い女性まで貰ったら喜びそうです。

ムーンダストとは ...

ムーンダスト、"グッドデザイン金賞"を2004年11月に受賞

審査会から「サイエンスの世界に、デザインプロセスを持ち込んだ画期的な商品開発」と賞賛されたムーンダスト。
平成7年にサントリーフラワーズ株式会社とオーストラリアのフロリジン社が共同で、遺伝子組み換え技術を用いて世界で初めて開発に成功した青色系カーネーションです。

ムーンダストは開発・生産元のサントリーフラワーズ(株)と契約した販売店のみ取り扱える切花らしいので、数が限られているようです。今の時点で結構売り切れている物もありました。

スタンダードタイプ(一つの茎に1つの花が咲くタイプ)はライラックブルーとディープブルー 、深いバイオレットのベルベットブルーの3種類。スプレータイプ(一つの茎から複数の花が咲くタイプ)はディープブルーとライラックブルーの2種類があるようです。

ムーンダストの花名の由来は『月のようにやわらかな包容力のある花に』との思いで付けられたらしいです。月は豊穣、生産の特徴で母性、優しさ、包容力をあらわしているとのことで、母親のイメージに沿った花ですね。

ムーンダストの花言葉は「永遠の幸福」です。すべてをやさしく包み込む月の光をイメージして作られたそうです。青い物が幸せを連れてくるという「サムシングブルー」のようにムーンダストは幸福を演出してくれるお花になるようにとの生産者の願いがたくされています。

母の日のギフトにぴったりですね。
 

私の買ったお店では、母の日のメッセージカードも付けてくれるサービスもあってよかったです。シンプルな花束を選びましたが、かわしらしいアレンジメントも素敵でした。

お母さんへ日ごろの感謝を伝える習慣ですから、花束のようなプレゼントはストレートに気持ちが伝わるのでいいかなぁと個人的には思います。お母さんの趣味も考えたプレゼント選びをするとより喜んで貰えそうですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録


レビュー記事


Amphis MT737C2D


BenQ FP241VW
人気の記事

ページの先頭へ戻る