i Pod nano(アイポッド ナノ)が充電中に発火する事故 - 旧 ii IDEA アイアイアイディア

Home > ニュース・エンターテイメント >
i Pod nano(アイポッド ナノ)が充電中に発火する事故

i Pod nano(アイポッド ナノ)が充電中に発火する事故

1月8日にi Pod nanoが充電中発火する事故があったそうです。

経済産業省の発表では、第1世代iPod nanoのブラック、2GBモデル

型番「MA099J/A」のバッテリー部分らしい。原因は調査中でまだ分かっていないようです。

 

同省が報告を受理したのは3月7日で、その発表資料によると、同製品を充電中にバッテリー部分が過熱し、火花があがったという。同様の事例は今のところこの1件だけ。


第1世代のi Pod nanoは2005年の9月から販売されたものらしいです。もうそんなになるんですね。

今売っているのは第三世代i Pod nano。形も全然違いますし、とても薄いですよね。

 

第1世代のi Pod nanoでも事故が起きたのは初めてで、今までも1回しか報告が来ていないらしいです。

販売されてから2年半くらいたっています。古くなると発火する恐れがあるのでしょうか?

 

今回の事故では人的被害が起こらなくて良かったですね。

持っている人は念のため注意していた方が良いかもしれません。

 

>>iPod nanoのバッテリーが発火――神奈川県で1件報告/経産省

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録


レビュー記事


Amphis MT737C2D


BenQ FP241VW
人気の記事

ページの先頭へ戻る