ブログクライアント BlogWrite(ブログライト)の便利な使い方 - 旧 ii IDEA アイアイアイディア

Home > ソフト | ブログ・インターネット >
ブログクライアント BlogWrite(ブログライト)の便利な使い方

ブログクライアント BlogWrite(ブログライト)の便利な使い方

私はブログの更新にウィザシステムのブログエディタ『BlogWrite』を使っています。BlogWriteはローカルでブログの記事を書くことが出来、投稿もしてくれるのでとても便利です。

私が使っているのはシェア版のBlogWriteです。 APIを利用した有名ブログクライアントです。

有償版ではWYSIWYGとHTML編集ができます。(無償はWYSIWYGのみ)複数のブログアカウントが管理できます。

便利な使い方を紹介してみます。

複数のブログを一元管理

たくさんの種類のブログに対応していて、複数のブログの複数の記事を管理できます。

このソフトがあると、FC2ブログもseesaaブログもMoavbleTypeもWordPressも一元管理できるので便利です。ローカルに記事も保存できるので記事が消える心配もありません。

下書き保存機能がなかなか便利で、途中まで書いて保存したり、ネタやさわりだけメモしたり、書き直したりも出来ます。

ブログライトで画像投稿すると楽

中でも写真の投稿がとってもやりやすいんです。

画像の追加ボタンをクリックして、画像を選び開くとリサイズするか聞いてきます。その後画像に簡単な加工をするのか聞いてきます。

画像にリンク先を指定するか、画像を今投稿するか、記事と一緒に投稿するため後で投稿するか聞いてきます。その後Alt(代替えテキスト)を指定して、画像の配置(右・左寄せ)を決めます。


順番通りにやると、画像を簡単設定して投稿できます。 いちいちFTPでアップしたり、各ブログのファイルアップローダーを使わなくていいので本当に楽!!

オススメなのは画像を記事と一緒に投稿することです。そうすると投稿ボタンを押すまでローカルに保存されます。

WYSIWYG画面で見ると画像と文字の位置関係も見ることが出来ます。


タグを直したいときはHTMLで編集するモードに変えればいいわけです。

オプションでできる指定

オプションタブの「キーワード:」の窓に 「tags:」に続けてタグ・キーワードを入力すると反映されます。概要にチェックを入れると、自動で概要を生成しますが、タグが入らなくなった気がします。


pingやトラックバックもBlogWriteから送信できます。(MTの設定でアップデートPingをオフにしないと二重送信になるので注意)


オプションに「投稿日時の設定」がありますが、指定してもすぐに反映されますので意味がありません。

「投稿日時を変更する」のチェックを入れると、時間が狂うことがあります。また、前投稿した記事の投稿時刻が狂ったこともあります。投稿時間がURLになる設定の場合は時間を指定しない方がいいでしょう。

BlogWriteで出来ないこと

BlogWriteで記事のカテゴリーは指定できますが、カテゴリーを作る事はできませんのでその時はログインする必要があります。


プラグイン

Winamp(今聴いてる曲情報の参照)

Amazlet (アマゾンアソシエイト支援)

を組み込むことが出来ます。


無料版の制限

□非営利で個人利用のみ
個人による、私的利用かつ非営利目的(*1)で運営し、且つ企業・法人・団体・機関等に属さないブログでのみ利用出来ます。
(*1)個人で行なうアフィリエイトは営利とは見なしません。
□広告が入ります。
文末に、一行の広告が入ります。
一例:「このエントリーはBlogWriteで投稿されました。」
□機能制限があります。
WYSIWYGのデザインモード編集のみで、HTML編集がありません。
管理出来るアカウントは一つだけです。
雛型を利用できません。

無料版でも使えますが、本格的にやりたい人は機能制限のない有料版がオススメです。

有料版の料金

ウィザシステムのサイトからメールで振込先をメールで聞き入金すると2,800円です。

Vectorのシェアレジで買うと3,000円です。

問い合わせが面倒ならVectorで買う方がいいかと。


とても楽に更新出来るので十分元は取れてると思います。画像が多いブログの方に特にオススメします。

効率よくブログを更新して、記事数を増やしましょう♪

BlogWrite

【関連記事】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録


レビュー記事


Amphis MT737C2D


BenQ FP241VW
人気の記事

ページの先頭へ戻る