ATOK2008を購入 便利な機能の感想など - 旧 ii IDEA アイアイアイディア

Home > ソフト >
ATOK2008を購入 便利な機能の感想など

ATOK2008を購入 便利な機能の感想など

  • 2008年2月15日 23:09
  • ソフト
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0
  • この記事をはてなブックマークに登録 この記事のはてなブックマーク数

ATOK 2008 for Windowsを発売日の2月8日に購入しました。(単体買い)

ATOKシリーズを買うのは始めてです。結構パソコン歴長いのですが今まではずっとIMEを使っていました。

わざわざお金出して日本語入力ソフトを買わなくても、IMEで最低限の入力は出来るからいいやと思っていたのですが、

入力することが多くなるにつれ、だんだん入力が億劫になってきました。

数日間使っての感想です。

>>ATOK 2008 for Windows

IMEからATOKへ乗り換える理由は、一番は入力を速くしたいからです。

IME2003の変換であまりにもスペースキーを連打しているのが嫌だし、単語をなかなか覚えてくれないのも嫌で、辞書登録も面倒くさい。

ATOKシリーズは評判もいいし速く入力出来そうなので、変えてみてもいいかなと思いました。

IMEも2007から大分良くなったという噂だったんですけどね。(重いらしいけど)



ATOK2007からATOK 2008へ無償バージョンアップするサービスが無かったので、2月8日まで待ってATOK2008を購入することにしました。 使い始めて1週間くらい経ちました。

ATOKシリーズは始めて使うので、IMEと同じ感覚で入力すると間違えます。(スペースや方向キーの使い方が違います)

最近やっと慣れてきました。



変換については文章を長めに打ったときはATOKの方が断然有利に感じました。


Tabキーで今まで入力した単語がずらーっと出てくるのでそこから選ぶと早くていい感じです。


長く文章を入力した後に変換するとき有利なのは、変換機能もさることながら

文字の区切り直しや再変換がとてもやりやすいのがポイントだと思います。


単文変換だともしかするとIMEのほうが上かもしれません。

でも、前後の文章でどの漢字を使うか判断する技術ってすごいですね。


カタカナ入力に変えたいときは、F7(全角)・F8(半角)を押すと変換できますし、

間違って仮名で打ってしまった後でも、F9(全角)・F10(半角)を押せばローマ字に変換し直せます。

これも便利です。


変換を間違ったときに「Ctrl+Backspace」でアンドゥ出来るので、変換のやり直しが出来るのも便利ですね。

(「Ctrl+Backspace」2回までアンドゥできる)


F2キーで珍しい名前も変換の候補に出るようになります。

新しい拡張機能「ATOKダイレクト」

ATOKダイレクト for はてな 
ATOKダイレクト for 乗換案内 
ATOKダイレクト for goo

ブラウザを立ち上げなくてもダイレクトに検索できる3つの機能が搭載されました。
>>ATOKバリューアップサービス [ベータ]


話し言葉の変換も強化されたみたいですが、以前のATOKを知らないので比較できません。

よく使う言葉や、挨拶文なども登録できる様ですが、まだ使っていません。

変換の際、Endキーを押すだけで辞書が立ち上がり、単語や地名、駅名、会社情報などを表示することが出来ます。


IMEより断然高機能です。もっと早く使っていればよかったなと思いました。

【関連記事】
>>ATOK2008の便利な入力・変換のまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録


レビュー記事


Amphis MT737C2D


BenQ FP241VW
人気の記事

ページの先頭へ戻る