関連記事を記事下に自動で表示してくれる MovableTypeのプラグイン - 旧 ii IDEA アイアイアイディア

Home > MovableType | Webサービス >
関連記事を記事下に自動で表示してくれる MovableTypeのプラグイン

関連記事を記事下に自動で表示してくれる MovableTypeのプラグイン

MTを始めて、たくさんのプラグインがあるので驚きました。

自分が入れたプラグインも備忘録として残しておくことにします。


記事下に関連記事を自動で表示してくれるなんてイカしてますよね☆

まずはこれ。

Related Entries Plugin

ブログの記事下などに関連する記事を表示してくれる大変便利なプラグインです。

いちいち自分で関連記事をリンクするのはとても大変。

このプラグインさえあれば、かなり手間が省けます。

自動で関連記事が表示されればユーザビリティや内部リンク構造も良くなり、かなりいいと思います。


こちらのサイトをかなり参考にさせていただきました。わかりやすいです。
>>関連記事をエントリーに表示するプラグイン

まずは、

  1. 英文の中にあるRelatedEntries.zipというリンクをクリックしダウンロード。
  2. zipを解凍し、サーバーのMTディレクトリのpluginにアップロード。
  3. パーミッションを755(rwxr-xr-x)に変更。


そのあと

記事のテンプレート内にタグを挿入。

<MTRelatedEntries>
<MTEntries>
<a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a> </MTEntries>
</MTRelatedEntries>


こんな感じに書きます。

でも、これだとリストで表示されませんし(だーっとテキストがつながって出てくる)、数も際限なく出てきてしまいます。


そこで私の場合はこのようにしました。


<div class="kanrenkiji">
<p class="kanrenkiji">関連記事</p>
<MTRelatedEntries>
<ul>
<MTEntries lastn="15" offset="0">
<li>
<a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a> </li>
</MTEntries>
</ul>
</MTRelatedEntries>
</div> 

 『MTEntries lastn="15"』 は15個まで表示するという意味です。自分の好きな数を指定できます。0より大きいこと。

『offset="0"』 は0個除外するという意味。個数は自由に設定できる。最近の記事n件を除外するという意味。lastnと一緒に使うこと。

つまり記事を除外しないで15件までリスト表示すると意味。


あとは、<div>と<p>でスタイルを指定しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録


レビュー記事


Amphis MT737C2D


BenQ FP241VW
人気の記事

ページの先頭へ戻る